無血清培地とは

無血清培地は血清を種々の成長因子や接着因子などに置換した、血清を含まない動物細胞培養用の培地です。

無血清培地とヒト間葉系幹細胞用無血清培地の違い

無血清培地は様々な種類の総称

無血清培地とは、ヒト間葉系幹細胞用無血清培地を含む様々なタイプの無血清培地の総称です。凡庸性の高いものから、ある種の細胞の培養のみに適しているものなど、たくさんの種類があります。再生医療用、細胞医療用、どちらのタイプも含め無血清培地と呼んでいます。

再生医療に役立つヒト間葉系幹細胞用無血清培地

ヒト間葉系幹細胞用無血清培地は幹細胞を培養するのに特化した無血清培地です。主に、再生医療用の移植細胞を培養するために使用されています。これからさらなる研究が進められていくほか、再生医療の費用を軽減するためにコストダウンすることも課題となっています。

どうして注目されているのか

男女

無血清培地はバイオエンジニアリングなどで用いられている培地で、細胞培養を行って事実を明らかに研究に有用な培地です。無血清培地が人気がある理由として、細胞に作用を及ぼす因子レベルの研究の分析を容易にする点が挙げられています。無血清培地は血清を含まないため、その中に含まれている様々な種類のたんぱく質の影響を考える必要がないということも大きな理由になります。この培地は、血清をホルモンなどで置き換えることで、動物性の血清を使用した際の問題を回避することができるという点が大きなメリットです。そのため、他にも多くのメリットがあり、成分が明確になることで、研究がシンプルになるという利点などがあり、人気があります。無血清培地を用いた場合の利点として優れた一貫性や容易な精製などが挙げられており、細胞の機能をより正確に評価することを可能にするなどの利点もあります。このような利点からこの培地は人気があるのです。

メリットとデメリットを知っておこう

研究器具

無血清培地は、血清を含まない培地で、その中に含まれている成分のたんぱく質などの作用を考える必要なく研究を行うことができるなどのメリットがあります。無血清培地はいろいろなメリットがありますが、同時にデメリットもあるため、無血清培地を用いる場合にはこうした点も事前に把握しておくことが大切です。この培地のデメリットは純度が高い試薬を必要とする点や成長速度が緩やかになり、スピードが低下することが挙げられます。結成が含まれないため、成長に必要な栄養分を十分に取りいれられないことが成長速度の低下の原因と考えられています。しかし、無血清培地はとても有用な培地であり、細胞の研究にはとても重要な役割を果たしています。

研究室

男性

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中