HOME>注目記事>無血清培地のサプリメントと細胞培養の5つの方法

無血清培地のサプリメントとは

無血清培地のサプリメントは、細胞を培養する際に培地に添加すると培養の生産性を高める効果がある物質のことです。

細胞培養の方法について

静置培養(単層培養)

細胞を培養フラスコなどの培養容器に接着させ、単層の状態で培養する方法です。

省スペースで大量培養できる浮遊培養

スピンナーフラスコなどを用い、細胞を培地に浮遊させた状態で増殖させる培養方法です。

回転培養(ローラー培養)

回転培養専用の培養容器を用い、緩やかに回転させながらボトルの内壁に細胞を接着させて培養する方法です。

担体を使用した培養

ビーズなどの表面に細胞を生着させて、そのキャリアーを攪拌して浮遊培養のような手法で接着性細胞を培養します。

 注目度の高い三次元培養

多孔性ゲルや微絨力などを用い、生体内の状態に近い三次元を作り出し培養する方法です。

バイオ医薬品の工業生産に適している

研究器具

今まで治療薬がなかった病気や従来の医薬品では上手く対応できなかった病気を治療するときに、バイオ医薬品が役立ちます。バイオ医薬品を工業生産するときに、無血清培地を利用することになるので、とても頼りになる存在です。

研究にも欠かせない存在

研究器具

無血清培地は一般的には有名な存在ではありませんが、いろいろな研究をするときに欠かせません。導入する無血清培地によって適用細胞に違いがあり、骨髄や大血管由来内皮細胞用などが存在するので、それぞれの用途に合わせて無血清培地を選んでいくのが大切です。製品の特長とは合わないような使い方をしてしまうと危険ですから、必ず製品の特長を事前に把握しておく必要があります。企業側に問い合わせをすることで、目的に合った無血清培地を手に入れることが可能です。

広告募集中